他テーブル参照


他テーブル参照項目を活用することで、テーブル同士を連携させることができます。
例えば、以下のようなテーブルを作成する例を考えてみます。

テーブル名 内容
チーム管理 チームを管理するテーブル。
メンバー管理 メンバーを管理するテーブル。各メンバーはいずれかのチームに所属する。

上記の場合、「メンバー管理」テーブルから他テーブル参照項目を使って
「チーム管理」テーブルを参照する構成にします。具体的には以下のような構成となります。

テーブル名 項目名 項目種類
チーム管理 チーム名 文字列(一行)
メンバー管理 チーム名 他テーブル参照 ※チーム管理のチーム名を参照する
氏名 文字列(一行)

追加手順


「チーム管理」テーブルを作成している前提で、「メンバー管理」テーブルで
「チーム名」項目を作成する場合を考えてみます。項目追加時に、「他テーブル参照」を選択します。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref1

「対象テーブル」で「チーム管理」テーブルを選択します。
「チーム管理」テーブルが作成されていない場合は先に作成します。 項目名を入力し必要に応じて以下設定項目の設定を行います。

※「項目名」については、項目名の前後に『全角スペース』/『半角スペース』を含めた場合 自動削除されます。
※「項目名」の入力文字の中に全角スペースを含めた場合は、半角スペースへ自動変換されます。
※今回は「入力フォームにする(子要素機能)」はオフとし「表示項目」/「項目のコピー(ルックアップ)」設定を行います。

設定項目 説明
入力フォームにする(子要素機能) 有効にした場合、入力フォームとして定義が可能となります。その場合は「表示項目」、「選択用表示項目」、「項目のコピー(ルックアップ)」の設定は不要なため省略されます。
表示項目 設定した対象テーブルより表示する項目をリストから選択し設定可能です。
選択用表示項目 選択用表示項目をカスタム表示したい場合に設定します。例) {ID}:{名前}など
項目のコピー(ルックアップ) ルックアップ機能(他のテーブルに登録されているデータを参照しながら効率的に入力できる機能)を利用したい場合に設定します。たとえば、お客様情報を何度も入力するのが大変なとき、すでに顧客情報を管理していれば、そこから顧客情報をコピーして自動入力できます。同じ項目タイプの項目にのみコピー可能です。作成済みの項目にのみ設定が可能です。「自動反映する」にチェックを入れることでルックアップ元データの更新が発生した場合、ルックアップ設定されたデータも自動更新されます。
他の項目で値の絞り込みを行う 他テーブル参照の値について更に他の項目により値を絞り込みを行う設定が可能です。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref2


pigeon-cloud_doc_dataset_ref6

<追加オプション設定>

※必要に応じて、以下追加オプション設定を行います。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref7


pigeon-cloud_doc_dataset_ref8

「メンバー管理」テーブルの作成が完了したら、レコードを登録してみます。先に「チーム管理」のレコードを登録しておきます。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref3


pigeon-cloud_doc_dataset_ref4

「メンバー管理」テーブル側でもレコードを登録します。「チーム名」項目で「チーム管理」側のレコードが選択することができます。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref5

一覧表示の際、子テーブルの項目をカンマ区切りで表示する機能


「入力フォームにする(子要素機能)」が有効な場合、一覧表示の際 子テーブルの内容をコロン区切りで表示することができます。

「追加オプション設定」を以下の通り設定する必要があります。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref14

上記設定で一覧上は以下の通り表示されます。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref15

その他


他テーブル参考項目で、参照先に指定したテーブルに対して新規にレコード追加することが可能です。

以下の通り、「他テーブル参照」項目のリストメニューより「+新規追加」を選択します。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref12

参照先テーブルの新規レコード追加画面へ遷移するので、レコード追加が可能です。

pigeon-cloud_doc_dataset_ref13