計算


計算フィールドについて


計算フィールドは、他の数値フィールドの値を参照して、自動で計算を行い結果を表示するフィールドになります。

計算フィールドは、フィールド定義時に計算式を定義しておくことで
計算式に含まれる数値フィールドが設定されたときに自動で計算が行われます。

追加手順


例として、以下のように商品の売上を計算するフィールドを考えてみます。

フィールド名 フィールド種類
価格 数値
数量 数値
売上 計算

以下のように価格と、数量のフィールドを数値フィールド(整数)として追加します。
「計算」をクリックします。

pigeon-cloud_doc_calc2

以下のように計算式に数式を入力し、必要であれば「追加設定オプション」を
設定後、「追加する」を押下します。

pigeon-cloud_doc_calc3

「追加設定オプション」については、以下の通り。

pigeon-cloud_doc_calc1

テーブルを保存し、データを登録します。

pigeon-cloud_doc_calc4

「売上」が自動で計算されます。

pigeon-cloud_doc_calc5

計算フィールドの数式について


基本的な数式のルールは下記となります。

  • 参照するフィールド名を{}で囲む
  • 他のテーブルを参照する場合は::をつける
  • 四則演算は+-*/の記号を使います。

例えば、「売上」という計算フィールドで「価格」と「数量」から計算を行う場合、以下のような数式となります。

{価格}*{数量}

数式で関数を使う場合


関数を使う場合は例えば以下のような式となります。

ROUND({価格}*1.1)*{数量}

計算式で使用可能な関数は下記となります。

名前 説明
ABS() 絶対値を返します
ACOS() アークコサインを返します
ASIN() アークサインを返します
ATAN() アークタンジェントを返します
ATAN2(), ATAN() 2 つの引数のアークタンジェントを返します
CEIL() 引数以上のもっとも小さな整数値を返します
CEILING() 引数以上のもっとも小さな整数値を返します
CONV() 数値を異なる基数間で変換します
COS() コサインを返します
COT() コタンジェントを返します
CRC32() 巡回冗長検査値を計算します
DEGREES() ラジアンを角度に変換します
EXP() 累乗します
FLOOR() 引数以下のもっとも大きな整数値を返します
LN() 引数の自然対数を返します
LOG() 最初の引数の自然対数を返します
LOG10() 引数の底 10 の対数を返します
LOG2() 引数の底 2 の対数を返します
MOD() 余りを返します
PI() pi の値を返します
POW() 指定した指数で累乗された引数を返します
POWER() 指定した指数で累乗された引数を返します
RADIANS() ラジアンに変換された引数を返します
RAND() ランダムな浮動小数点値を返します
ROUND() 引数を四捨五入します
SIGN() 引数の符号を返します
SIN() 引数のサインを返します
SQRT() 引数の平方根を返します
TAN() 引数のタンジェントを返します
TRUNCATE() 指定された小数点以下の桁数に切り捨てます

他テーブルの数値を使う場合


例えば、以下のように他のテーブルを参照している構成で考えてみます。

テーブル フィールド名 フィールド種類
商品テーブル 商品名 文字列(一行)
商品テーブル 価格 数値
売上テーブル 商品 他テーブル参照
※商品テーブルの商品名を参照
売上テーブル 数量 数値
売上テーブル 売上 計算

このような場合、「売上」フィールド上の数式では以下のように、「商品」フィールドを使って商品テーブルの価格を参照します。

{商品::価格}*{数量}