手動で追加


手動でテーブルを追加することができます。

手動での追加手順


テーブル名を入力し、「フィールドを追加する」からフィールドを追加していきます。

pigeon-cloud_doc_dataset3

用途に応じたフィールドを選択します。

pigeon-cloud_doc_dataset4

テーブルのフィールドの種類

種類 説明
文字列 (一行):テキスト 180文字までの文字列用のテキストフィールド
文字列 (一行):メールアドレス メールアドレスを入力するフィールド。メールアドレス以外の値が入力された場合、エラーとなります。
文字列 (一行): URL URLを入力するフィールド。URL以外の値が入力された場合、エラーとなります。
文章 (複数行) 複数行のテキストフィールド。400万文字程度まで入力可能です。リッチテキストを利用することも可能です。
数値 -2147483647〜2147483647 までの数値が扱えるテキストフィールド 整数/少数を扱うことが出来ます
Yes/No Yes / Noを選択するチェックボックスのフィールド
選択肢 (単一選択) 選択肢の中から一つだけ選択する場合
選択肢 (単一選択):プルダウン 選択肢の中から一つだけ選択する場合のプルダウンのフィールド
選択肢 (単一選択):ラジオボタン 選択肢の中から一つだけ選択する場合のラジオボタンのフィールド
選択肢 (複数選択) 選択肢の中から複数個選択する場合のチェックボックスのフィールド
日時 日付と時間を選択するフィールド
日付 日付を選択するフィールド
時間 時間を選択するフィールド
画像 画像をアップロードするフィールド。512MBまで
ファイル ファイルをアップロードするフィールド。512MBまで
他テーブル参照 他のテーブルの値を参照するフィールド
計算 数値フィールドの値から計算が可能なフィールド
関連レコード一覧 対象テーブルを関連付け指定したレコード一覧を表示可能なフィールド

ここでは、「企業名」として「文字列(一行)」フィールドを追加してみます。
一番右下の「追加する」を押下するとフィールドが追加されます。

pigeon-cloud_doc_dataset5

追加オプションは以下のものがあります。
※フィールドの種類によって、追加オプションの項目は異なります。

オプション名 内容
必須設定 ONにすると、レコード追加の際に入力必須となります。
検索必須設定 ONにすると、検索時に入力必須となります。
検索非表示設定 ONにすると、検索時に検索項目として表示されないようになります。
表示設定 一覧に表示:一覧画面にてそのフィールドを表示するかどうか。OFFにした場合、編集画面と詳細画面にのみ表示されます。編集可:OFFにすると編集画面に表示されなくなります。
説明用テキスト 編集時にフィールド名の下に小さい文字で表示される説明用テキストです。
ヘルプテキスト 編集画面のフィールド名の右に表示される「?」マークをマウスオーバーすることでポップアップする、どのようなフィールドを入力するのかの説明ツールチップのテキストです。
固定値 固定で指定した値になります。今までのデータの値は変更されません。
デフォルト値 デフォルトでセットしておく値を設定します。固定値が設定されている場合は固定値が優先されます。
最小文字数 最小文字列以下の場合、エラーになります。
最大文字数 最大文字列以下の場合、エラーになります。
複数の値の登録を許可する 有効にすると、一つのフィールドに複数個の値を登録することができるようになります。
検索高速化(インデックス) 有効にすると検索の際高速化されます。ただし有効にするとデータのサイズが余計に増えますのでご注意ください。
集計用パラメータ 集計用にキーと値を設定することが可能です。

一通り必要なフィールドを追加し、「登録」を押下するとテーブルの登録が完了です。

pigeon-cloud_doc_dataset6