ワークフロー機能


※この機能は法人オプションのみ利用可能です。

レコードに対して、ユーザーの申請/承認/否認といった承認フローを導入することが可能です。

設定手順


ワークフローを有効にするにはテーブル定義の「追加オプション設定」の「ワークフロー」を有効にします。

pigeon-cloud_doc_workflow1

ワークフローでは以下の操作が可能です。

操作 内容
下書き 下書きを作成します。
申請 作成したレコードに対して申請を行います。
承認 申請に対して承認を行います。
否認 申請に対して否認を行います。

申請をせずにレコードの保存をする場合は、「下書き保存」を押下します。

pigeon-cloud_doc_workflow2

下書き保存された場合は「申請状態」が空欄の状態で保存されます。

pigeon-cloud_doc_workflow3

申請は「申請」ボタンから実施します。

pigeon-cloud_doc_workflow4

承認ルートと申請コメントを入力します。

pigeon-cloud_doc_workflow5

「申請状態」が「申請中」となります。

pigeon-cloud_doc_workflow6

承認者側からは「申請状態」が「要確認」となります。「要確認」を押下して承認画面を開きます。

pigeon-cloud_doc_workflow7

「承認」「否認」の操作を行います。

pigeon-cloud_doc_workflow8

承認・否認がされると「申請状態」に反映されます。(否認されたレコードは再申請を行うことが出来ます。)

pigeon-cloud_doc_workflow9