ワークフロー機能


レコードに対して、ユーザーの申請/承認/否認といった承認フローを導入することが可能です。

設定手順


ワークフローを有効にするにはテーブル定義の「追加オプション設定」の「ワークフロー」を有効にします。

pigeon-cloud_doc_workflow1

ワークフローでは以下の操作が可能です。

<申請者側>

操作 内容
下書き 下書きを作成します。
申請 作成したレコードに対して申請を行います。
複製 作成したレコードに対する申請を複製します。
申請取り下げ 作成したレコードに対する申請を取り下げます。

<承認者側>

操作 内容
承認 申請に対して承認を行います。
否認 申請に対して否認を行います。
複製 申請を複製します。

申請をせずにレコードの保存をする場合は、「下書き保存」を押下します。

pigeon-cloud_doc_workflow2

下書き保存された場合は「申請状態」が空欄の状態で保存されます。

pigeon-cloud_doc_workflow3

申請は「申請」ボタンから実施します。

pigeon-cloud_doc_workflow4

承認ルートと申請コメントを入力し。「申請する」をクリックします。
※承認ルートについては、以下2種類の承認ルートの指定が可能です。

承認ルート 内容
ユーザー ユーザー個別に承認者をセットできます。複数セット可能です。
組織(役職) 組織+役職者に対して承認者をセットできます。「全員の承認が必要」/「一人の承認が必要」のいずれかをセットせきます。複数セット可能です。

<承認者をユーザーとセットする場合>

pigeon-cloud_doc_workflow5

<承認者を組織(役職)とセットする場合>

pigeon-cloud_doc_workflow5-1

「申請状態」が「申請中」となります。

pigeon-cloud_doc_workflow6

承認者側からは「申請状態」が「要確認」となります。「要確認」を押下して承認画面を開きます。

pigeon-cloud_doc_workflow7

「承認」「否認」の操作を行います。

pigeon-cloud_doc_workflow8

承認・否認がされると「申請状態」に反映されます。(否認されたレコードは再申請を行うことが出来ます。)

pigeon-cloud_doc_workflow9

申請者が申請を取り下げる場合の手順


申請したレコード情報を開き「申請中」をクリックします。

pigeon-cloud_doc_workflow6

「申請取り下げ」をクリックします。

pigeon-cloud_doc_workflow6-1

「コメント」を入力し「取り下げ」をクリックします。

pigeon-cloud_doc_workflow6-2

取り下げが完了した申請は、「申請状態」が空欄の状態となり再申請が可能となります。

pigeon-cloud_doc_workflow3

ワークフローのフローを固定する手順


事前にワークフローの「条件」および「申請フロー」を定義することで、固定することができます。
ワークフローのフローを固定するにはテーブル定義の「追加オプション設定」の「ワークフローのフローを固定する」にチェックを入れます。

pigeon-cloud_doc_workflow10

以下設定を行います。

「条件の追加」ボタンで条件の追加を、「申請フロー追加」ボタンで申請フローの追加ができます。
「条件」/「申請フロー」は複数設定することができます。

◆条件

「ログインユーザー」 or「 ログインユーザーの組織」 が空
「ログインユーザー」 or「 ログインユーザーの組織」 が空でない
「ログインユーザー」 or「 ログインユーザーの組織」 が次と一致 「ユーザー名」or 「組織名」
「ログインユーザー」 or「 ログインユーザーの組織」 が次と一致しない 「ユーザー名」or 「組織名」

◆申請フロー

承認者を「ユーザー」と指定する場合、プルダウンリストより承認者とするユーザーを指定します。

pigeon-cloud_doc_workflow11

承認者を「組織(役職)」と指定する場合、「全員の承認が必要」または「一人の承認が必要」のいずれかを選択します。

設定項目名 内容
全員の承認が必要 組織内のメンバー全員の承認を必要とします
一人の承認が必要 組織内のメンバーのうち一人の承認を必要とします

pigeon-cloud_doc_workflow12

「更新」ボタンをクリックし、設定を保存します。

pigeon-cloud_doc_workflow13

承認者が引き上げ承認を行う場合の手順


テーブル設定のワークフローから引き上げ承認をONにすると
現時点よりも先の承認者(ユーザーの場合のみ、組織は不可)が引き上げ承認を行うと
それ以前の承認者(組織)は全て承認済みとなります。

「テーブル管理」より 該当テーブルの編集画面を表示後「追加オプション設定」画面を開き
「ワークフロー」の「引き上げ承認機能」の「有効」にチェックを入れ 設定を保存します。

pigeon-cloud_doc_workflow14

テーブル設定で「引き上げ承認機能」を有効に設定済みの場合
先の承認者の承認画面では、以下の通り「引き上げ承認」ボタンが表示されます。
引き上げ承認を行う場合は、「引き上げ承認」ボタンをクリックします。
※本手順では順番「3」の承認者で引き上げ承認を実施します。

pigeon-cloud_doc_workflow15

引き上げ承認のコメント画面が表示されるので
必要に応じてコメントを入力し 「承認」ボタンをクリックします。

pigeon-cloud_doc_workflow16

順番「3」の承認者で引き上げ承認を行ったことにより
順番「1」「2」の承認者の状態が【承認待ち】→【承認済み】 となった事を確認します。

pigeon-cloud_doc_workflow17

レコード一覧上での一括「一括削除」/「一括承認」/「一括否認」/「一括取り下げ」


レコード一覧上で、該当のレコードを選択(チェック)することで
「一括削除」/「一括承認」/「一括否認」/「一括取り下げ」を行う事ができます。

設定項目名 内容
一括削除 選択(チェック)したレコードをまとめて削除します。
一括承認 選択(チェック)したレコードをまとめて承認します。
一括否認 選択(チェック)したレコードをまとめて否認します。
一括取り下げ 選択(チェック)したレコードをまとめて取り下げします。

pigeon-cloud_doc_workflow18