通知設定


テーブルに対するアクションや条件をトリガーにwebhookを用いて外部アプリケーションに通知したり
Slackへ通知することができます。

設定手順


右上メニューより「通知設定」を選択します。

pigeon-cloud_doc_notifi1

左上アイコンより「追加」を選択します。

pigeon-cloud_doc_notifi2

通知名を入力後、必要に応じて「webhookURL」、「Slack webhookURL」、
「通知先」のチェック、「通知先ユーザー」、「通知先メールアドレス」を入力します。

pigeon-cloud_doc_notifi3

通知設定については、以下の2種類があります 。

種類 内容
通知設定 対象テーブルに対してアクション(作成)/(更新)/(削除)/(ワークフローステータス変更時)・条件 をトリガー設定できます。
リマインダ設定 対象テーブルに対して、条件・タイミングのトリガー設定およびリマインドテキストの設定ができます。

通知設定を行う場合は、対象とするテーブルを選択後、「アクション」/「条件」の設定を行います。

pigeon-cloud_doc_notifi4

リマインド設定を行う場合は、対象とするテーブルを選択後、「条件」/「タイミング」の設定を行い
リマインドテキストの文言入力後、「登録」ボタンをクリックします。

pigeon-cloud_doc_notifi5